ライブレポ

ストレイテナー「My Name is Straightener TOUR」神戸VARIT.行ってきました。【ライブ感想・セトリ紹介】

ストレイテナーの「My Name is Straightener TOUR」

会場は兵庫県、神戸VARIT.

愛知在住なんですが、今回のツアーは名古屋なかったんですよね。旅行もかねて神戸まで行ってきました。

ベスト盤をリリースしてからのツアーってことで、懐かしい曲をかなりやってくれました。

よかったら感想などを綴ったライブレポをどうぞ。

My Name is Straightener TOUR 神戸VARIT. ライブレポ(感想)

今年の中津川ソーラーぶり。

テナーのライブ参戦です。

チケットが300番台だったので、開場時間に合わせてゆっくり会場に向かいました。

神戸VARIT.のキャパは、350人ってことでかなり後ろの番号。。。

 

会場外で並んでいると、1つほっこりする場面が見れました。

「チケット落とした方ー!今、人生で一番でかい声出してます!」って後ろから聞こえてきました。

会場を目の前にチケットなくしたら、呆然としますよね。幸いにも落とした方はすぐに見つかってよかった。大きい声だせるの大事

そんなことがあって、入場。

結構1階は人が入っていたので、2階から見ることにしました。チケット完売してたけど、2階は意外と空いていてステージ全体が見やすかったです。また、階段状になっていることで、背が低い方でもゆったりと見れそうでした。

 

開演は、おなじみのSE「MPLS Rock and Roll/Dosh」とともに。

手拍子の音が鳴る中、メンバー登場。

3人の演奏にのせ、ひなっちがソロをかまして、DAY TO DAYでライブスタート。

間髪入れず、The World Record

ここまでは、セトリを予習していたから、ふんふん予想通りって感じでしたね。

ひなっちが骨折で座りながら演奏していたって情報があったので、格好良く立って弾いている姿が見れて安心しました。

 

3曲目、ホリエさんの「踊り明かそうぜっ!」って掛け声からはじまったのはDISCOGRAPHY

踊り明かすって?朝までライブやってほしい。ぜひお願いします!って思いましたね。(笑)この曲は最近アレンジバージョンで演奏されていて、少しスローで重たい感じ。こっちも面白いんですが、ベスト出したところなんで原曲のノリノリなやつもまたやってほしいなって思っちゃいました。

 

ホリエさんの「ベストアルバムの全部はやらないけど、1曲1曲愛を込めて全力で演奏してくので、最後までよろしくお願いします」ってMCを挟んで、PLAY THE STAR GUITAR!!!

イントロがはじまった瞬間、歓声が上がりました。エモーショナルな歌と演奏でやっぱり格好いい。最後の「ウォーオーオー」は合唱になってましたね。

そこからWHITE ROOM BLACK STAR

OJのAメロ2のアレンジに少し違和感をいだいてしまったけど、この曲はほんとエモい。カップリングだったとは思えない良曲です。繊細な世界観も合わせ持っています。

美しい空気感を醸すLightningは、OJの繊細なアルペジオがたまらなかった。

ベストアルバム唯一の新曲、Braverはちょっと照明が物足りなく感じてしまったな。ラッシュボールのとき、レーザー光がすごく格好よかったんですよね。

続いては、タイムリープ

はじめてPV見たときは”うーん”って感じだったんですが、ライブで観たらきっとカッコいいやつだなって思ってたんですよね。案の定、ライブ映え抜群のエモさでした!

ベストアルバムでシンペイが選曲したMan-like Creatures

イントロでちょっと歓声あがってました。ホリエさんがシンセ弾いてなくて心残りです。ギターからシンセに変わるのがこの曲の見所だと思ってたので。

初めて聴いたとき、最後の展開に衝撃を受けましたね。この曲好きな人は、きっと変わりもんですよ。あっ、僕は好きです。

 

お次はFrom Noon Till Dawn

いつも原曲より音寂しいなって思ってたんですが、今日はなんかいい感じでした。OJのギターのおかげですかね。やっぱり盛り上がります、この曲。

 

シンペイがドラムセットに立ち上がってMCへ

”20年培ってきたものを表現するツアータイトルつけた”みたいなこと言ってました。

そこに続いてグダグダな感じがはじまる

ホリエさん「ベスト盤出したからツアータイトル変えた。 だから大阪とかない。」

適当?Future Dance TOURとセトリかなり違うから、ツアータイトルだけ変えずに、ぜひ大阪も名古屋も来てくださいよって思っちゃいました。

ここからはさらにグダグダがひどくなる(笑)

ひなっちがホリエさんに「50ギガエ〇動画見るよね」→OJ「俺も見る」

とか

昔、ドンキで出くわしたバンアパが〇〇〇〇〇いっぱい買ってた

とか下ネタだらけでした。

OJ自身が「ツアー終盤でMCがクレイジー」って言ってる始末

そこからシンペイが最初の雰囲気に引き戻して
ホリエさんが一言「最近のめっちゃ自信ある曲です」からBoy Friend

ひどいMCのあとに、めっちゃ良い曲きてびっくりしました。『Future Soundtrack』の中では1、2を争う好きな曲。Bメロが特にテナーらしい美メロですね。

そのあとはSunny Suicide、灯りと続いてSIX DAY WONDER

シンプルな電球色の照明で、雰囲気が良かった。

そして、ここで来たのがTENDER!!!!!

ひなっちがコーラスしてて耳と目を疑いそうになりましたね。レアすぎる。

曲が終わってお客さんからの「ひなっち 美声!」に ひなっちが「やめてよ(照)」って感じで答えてたのが良かった。

12月にぴったりです。

ホリエさん「いろんな場面があったけど、一寸先を見てやってきたらここまでこれた。感謝してます。これからもやっていきたいと思います」って感じのMCから、The Future Is Now

MCからの流れで、この曲の良さが増しました。あらためて素敵な歌詞だ。

ホリエさん「もっと声を聞かせてくれますか 一緒に歌ってください」でMelodic Stormのイントロがはじまる。

メロストがくると、もうすぐ今日のライブも終わりだなって感じちゃいますね。やっぱり、1番の盛り上がりで大合唱。

次は最近、季節関係なくやってるシーグラスでした。

 

ホリエさんの「あと3曲エモいのやって終わりたいと思います」からライブは終盤へ

羊の群れは丘を登るが披露された。

OJがジャズマスター以外のギター使ってて気になった。エモいのかは謎だけど、心地いい。

続くのはArk

久しぶりに聴きました。やっぱりいい曲。美しくもエモい。間奏でスラップが入ったり、ドラムの音がなくなるアレンジが新鮮でよかった。

本編最後はファン投票1位のREMINDER、シンペイが力強いドラムで締めくくった。

 

アンコールではツアーTシャツに着替えた4人が登場。

再び、グダグダMCがはじまります。

ビデオカメラでステージ側から撮影して、シンペイがお客さんに「ワッショイ」とかやってもらったり

ホリエさんが高級マダムがどうとか、神戸牛の話とか

締まらない感じでしたね。

 

ホリエさんが「いつもありがとう。俺たちストレイテナーって言います」って仕切り直し、

アンコールの1曲目は彩雲です。

ゆったりと心地いい。聴けてうれしい曲。

2曲目は、Farewell Dear Deadman

これまたうれしい展開。すごく好きな曲。しみじみしてしまう。

ベース指弾きだと思ってたんですが、ひなっちがピックで弾いてて意外。間奏のアレンジ格好よかったです。

そして最後は「また会いましょう」って言葉に続いて、ROCKSTEADY

盛り上がった。

演奏終了後にメンバー紹介をして、4人はステージ裏へ。

 

終わりかと思ったら、もう1回アンコールありました。

再び登場したホリエさん「まだ元気あるの?元気なやつを一発。新しいアルバムからだけど」と言ってLast Stargazer

あがる曲ですね。若さ溢れる疾走感ってのは同じなんで、できたらYES,SIRも聴きたかったな。観たことない曲だったから嬉しいんだけどね。

 

これで全25曲のライブは終演。

定番から新曲、そしてレアな曲まで見れました。めちゃくちゃ良かったです。

セットリスト

  1. DAY TO DAY
  2. The World Record
  3. DSCGRPHY (DECADE DISC MIX)
  4. PLAY THE STAR GUITAR
  5. WHITE ROOM BLACK STAR
  6. Lightning
  7. Braver
  8. タイムリープ
  9. Man-like Creatures
  10. From Noon Till Dawn
  11. Boy Friend
  12. Sunny Suicide
  13. 灯り
  14. SIX DAY WONDER
  15. TENDER
  16. The Future Is Now
  17. Melodic Storm
  18. シーグラス
  19. 羊の群れは丘を登る
  20. Ark
  21. REMINDER

<アンコール1>

  1. 彩雲
  2. Farewell Dear Deadman
  3. ROCKSTEADY

<アンコール2>

  1. Last Stargazer

さいごに・・・

ベストアルバムを出した直後のツアーなんで、何年もファンやってる人には、嬉しい選曲ですね。懐かしい曲けっこうありました。

もちろん新しい曲も良いです。テナーって年とともに新鮮な変化を重ねていると思うんですよね。

まだまだ観たい曲があるので、もう1公演くらい行きたくなってしまいます。

 

あと今回、愛知から神戸の遠征だったんですが、意外と近いなって思っちゃいました。

新幹線を使うと、名古屋から三ノ宮(会場最寄り駅)まで1時間半程度。ライブ終了が20時半頃だったから、日帰りもできるくらいですね。

神戸ってだけで「遠いなー」と敬遠してた方は、ご参考になればと思います。

 

なにはともあれ、いいライブでした。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です